2011年12月19日

狙われる家

先日も書きましたが
長岡市内の上川西小学校区で空き巣が連続発生しています。
この1ヶ月くらいの間に10件ほどのハイペース。
警察ではおそらく同一犯なのではないか!?という見解らしいです。

犯行はほとんどの場合、深夜帯に行われていますが、
先日の事案の場合は、朝5時から13時くらいまでの間で、
明るくなってからの犯行だったようです。
被害が相当額に及んだらしく警察官が付近住宅を聞き込みに回っているそうです。


「ウチはお金持ちじゃないから空き巣なんか入らない」
と皆さん思っていませんか?
泥棒は外からお金の有る無しなんてよく判りませんから、
そんなことにかかわらず無差別に侵入します。

泥棒.jpg

じゃ、「狙われる家」ってどんな家なんでしょう?




★防犯設備士からのアドバイス★

◆まず【管理されていない家】です

庭やベランダが散らかっていたり
落書きがされてるのに消さなかったり
ゴミの日を守らず、ゴミが散乱してるようなお宅は
住んでいる方の当事者意識が低いので
泥棒に狙われやすいのです

逆に小奇麗に手入れされた家は
防犯対策もされてあるように感じ
泥棒が居心地悪くなってしまうので
狙われにくくなります

庭に花を植えるだけではなく
ちょっとした心がけで十分です
いつも綺麗に掃除をする、鍵をしっかりしめるなど
今日から誰でもできることで
防げることもあります


◆それから【侵入しやすく逃げやすそうな家】です
では侵入しやすい家とは!?

○カギをかけていない
玄関などのカギをかけていないのは
泥棒に入ってくださいと言って待っているのと同じ!!
ゴミ出し等のちょっとの外出でもカギをかけましょう
1ドア2ロックが基本です

○留守にしていることがわかってしまう
新聞や郵便がたまっている
夜でも灯りがついていない
など外から留守が簡単に判ると狙われやすくなります
留守だと判り難くしましょう

○外からの見通しが悪い
プライバシーに気を使うあまり、
高い塀や植栽で外界から遮断された家は考え物です
死角を作らないように心がけましょう

○二階へ登れそうな足場がある
窓やバルコニーの近くに、物置や室外機など
よじ登るための足がかりになるものをおかないようにしましょう
脚立やハシゴを放置しておくのはもってのほか!!

○窓の防犯対策をしていない
泥棒の侵入手段の第一位が「ガラス破り」です
窓に防犯フィルムライフガードを貼ることで
泥棒に「ガラスを破るのに時間がかかりそうだ…」と思わせることが
犯行を諦めさせる大きな抑止力となります



年末に向けて空き巣などの犯罪が増加します
十分注意しましょう




住まいのサポーターKIMBAN
(有)木村板金
フリーダイヤル 0120-190-134
Email   roof-support@bankin-pro.com
HP      http://www.bankin-pro.com/
携帯HP  http://www.star7.jp/lifeguard/
KIMBANのつぶやき   https://twitter.com/kim_ban

防犯フィルムの専門店

banaLG.gif

窓ガラスの防犯対策にはライフガード




posted by きむばん at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。