2011年05月21日

日焼けは生活習慣病!

今日もいい天気でしたね(⌒▽⌒)

外仕事をしているおいらにとってはありがたいですね

ここ数日は気温も高くなって初夏のようです
あっちぇかったですね


スーパークールビズ(Tシャツ)で作業していると
腕が日焼けしてヒリヒリしはじめました(^▽^;)

5月は一年のうちで最も紫外線量の多い時期です
外に出るときは紫外線ケアが必要です
日焼け止めのほか日傘やサングラスでしっかりガードしましょう


紫外線にはA〜Cまであるのを知っていますか?
・UV−A 日常的に長期間浴びると黒くなる。 
・UV−B 海水浴などで皮膚が赤くなる原因
※Cは地上まで到達しない
UB−Aは地表に届く紫外線の95%で
シミ、シワ、たるみの原因なので
女性は特にが気になるのでは?


紫外線は、屋内でもガラスを通して入ってきます
室内だから安心!?ではありません!
窓際や電車のドア付近など日のあたる場所では
紫外線が降り注いでいます
できるだけ避けたほうがいいですね


ライフガードフィルムを窓ガラスに貼れば
有害な紫外線をほぼ100%カットできます
紫外線対策にとても有効です。

「日焼けは生活習慣病!」
肌に敏感なお母さん、子供の健康を考えていらっしゃる場合には
すごく有効です

御相談・御見積りは無料ですので
お気軽にお問い合せください



住まいのサポーターKIMBAN
(有)木村板金
フリーダイヤル 0120-190-134
Email   roof-support@bankin-pro.com
HP      http://www.bankin-pro.com/
携帯HP  http://www.star7.jp/lifeguard/
KIMBANのつぶやき   https://twitter.com/kim_ban



posted by きむばん at 02:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

良い皮膚の日

今日、4月12日は『子供を紫外線から守る日』です!

「4/12(ヨイヒフ)⇒良い皮膚」・・・と、
語呂合わせですが、
UVカット商品の製造会社などが、
「子供を紫外線から守る日」と制定し、
紫外線が強くなる4月から予防を呼びかけています。
 
えっ!今から紫外線の心配する必要があるの??
と思うかもしれませんが、
意外にもこの4月の柔らかな日差しのころから
紫外線量は急激に増加します。
 
紫外線のピークはこの時期からで
5月から7月の紫外線量が一番多くなり、
一年の紫外線の7〜8割の量が
4月から9月までの半年間で降りそそぎます。
紫外線が強いのは夏の照りつける日差しを想像しますが、
4月の紫外線量は真夏と同じです。
 
日傘や帽子、紫外線カット機能つきサングラスなどを使ったり、
露出する肌に日焼け止めクリームを塗ったりして
お出かけの時には今の時期から紫外線対策もしましょう。
 


屋外はもちろんですが、
屋内では、ガラスを通して紫外線が入ってきます。

だからと言って、
カーテンやブラインドをしめると部屋が暗くなったり、
せっかくの外の景色も見えなくなってしまいます。

ライフガードフィルムは窓の内側に貼るだけで、
明るく開放的な窓のいいところを損なわずに、
有害な紫外線をほぼ100%カットできます。

ちらしimg003.jpg

紫外線カット効果を表すのに用いられる指標の
SPF(Sun Protection Factor)とPA(Protection Grade of UV-A)に
換算すると、SPF50+PA+++になります。

紫外線対策としてはトップレベルの効果があります。
肌が敏感な方、子供の健康を考えていらっしゃる方にはすごく有効です。

「日焼けは生活習慣病!」

紫外線の影響での皮膚病のリスクを、ライフガードで防ぎませんか!

窓にはUVカット99%以上の「ライフガード」で対策を!



 

住まいのサポーターKIMBAN
(有)木村板金
フリーダイヤル 0120-190-134
Email   
roof-support@bankin-pro.com
HP      http://www.bankin-pro.com/
携帯HP  http://www.star7.jp/lifeguard/
KIMBANのつぶやき   https://twitter.com/kim_ban




posted by きむばん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。